ととホンテン*立川|中華そば 醤油

移民の町・・・立川。この街はモノレールが開通してから都市開発が進み、地方から東京へとやってきた多くの人が移り住んだ街だ。昔は北口には車検場と中武デパート、南口には場外馬券場と朝鮮学校ぐらいしかなかったがここ20年で目覚ましく発展した。そんな立川には新興勢力のラーメン店が数多くあり今まで全くの手つかずであったが評判のイイ店も多い。

立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油

立川のラーメン店も何れは制覇したいところではあるが数が多すぎて・・・。立川は通勤定期で行ける駅なので仕事帰りに寄る事も可能。今日は駅から遠く平日はあまり行く気の起こらなそうな、しかも美味しそうな「魚toto魚」(ととホンテン)を選んだ。
祝日の13:30の訪店で先客は4名だったが店内には十分に席は空いていた。駅から遠いが評判のお店なのでひょっとしたら並びも出てるかな?と覚悟して行ったが拍子抜けだった。入るとタッチパネル式の券売機があるので今日は「中華そば」の醤油を選んだ。折角なので大盛に・・・。店員さんがお冷を運んでくれ席も案内してくれた。

立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油

初めてのお店なので店内の様子などを眺めていると僅か3分程でラーメンが運ばれてきた。さすがに回転率は高そうですね~この時は3オペのようでしたが厨房内はよく見えないのでもしかしたら違ってるかもしれません。
早速、ラーメンに注目すると見た目はスッキリとした中華そばって感じの清潔感のあるラーメンで淡麗系の醤油です。個人的には結構好意感の持てるルックス!美味しそうです!麺は平打ちの中太麺で縮れがあります。啜ってみると滑らかでのど越しも良く美味しい。店内メニューの説明にもありますが多加水麺で「喜多方」っぽいテイストです。スープは鶏のまろやかな旨みが効いた出汁で醤油ダレは抑え気味。濃い味のラーメンに慣れてるとやや薄くも感じますが旨味は十分でアッサリしながらも麺と調和したスープ。煮干と鶏が使われていると説明書きにはありますが僕の食べた印象だと鶏が勝っていて煮干感はありまあせんでした。上手くバランスが取れてるかな~?店名が「魚魚」なのでもっとガッツリとくるのかと思いましたがかなり穏やかです。
トッピングはバラのチャーシューが2枚、細いパリパリした食感のメンマ、ネギです。かなりシンプルですが個々に素材感もあり美味しい。特にメンマは今まで経験したことのないタイプでタケノコの風味が残っていてかなりハイレベルだと思います。

立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油

卓上調味料は粗挽き黒胡椒に激辛スパイス(唐辛子)のみ。僕は何も使いませんでした。営業時間は21:30までのようなので平日も来る気になりさえすれば来れそうですwww 中華そば専門店ですがメニューは豊富で気になるメニューがたくさんありますね~。券売機は近代的なタッチパネルで慣れないと少し買いにくいかも?

立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油

店内のファイルには各メニューの説明が詳細にあります。まぁ~食べて分かる人は居ないと思いますのでお店的なアピールなのでしょう。




立川 ラーメン 魚魚 toto ととホンテン 中華そば醤油

「魚toto魚」さんはJR立川駅北口から東へ。立川通りの「東橋」交差点を超えた左側です。駅からは徒歩12分ぐらいでしょうか?駅前の繁華街からは随分離れているので地図がないと分かり難い場所です。

中華そば醤油750円+大盛100円
スッキリした醤油ラーメンです。コッテリ系やガッツリ系が好きな人には?ですが無化調らしくアッサリ目で素材を生かした中華そばだと思いました。麺もスッキリと頂け、大盛りにしましたが最後まで美味しく食べられました。完成度が高いラーメンで足し引きするとバランスが崩れそうな繊細さも感じた。他のメニューも是非試してみたい!

ととホンテン
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280
twitterフォローする